毎年6月16日は「和菓子の日」ってご存知ですか?
昔からの風習から生まれたこの「和菓子の日」に大阪で食べられる「笑わず餅」というものがあります。
大阪ではだいぶ定着しているようが、これから全国的に流行りそうな予感がします!
今回は和菓子の日をきっかけに生まれた大阪の「笑わず餅」について、意味発祥種類食べ方、取り寄せはできるのかを調べてみたいと思います。

Sponsored Link

 

「和菓子の日」はいつ?発祥や意味は?

皆さん「和菓子の日」ってご存知ですか?
最近は毎日何かしらの「◯◯の日」が制定されていることがピックアップされていたりとこんな日まであるんだwと思うこともしばしばですが、
あまり行事らしい行事のない6月には父の日の前に「和菓子の日」というのがあります。

和菓子の日は年や曜日に関係なく毎年6月16日と決まっています。

もともとは…

西暦848年(承和15年・嘉祥元年)の夏、仁明天皇が御神託に基づいて、6月16日に16の数にちなんだ菓子、餅などを神前に供えて、疫病を除け健康招福を祈誓し、「嘉祥」と改元したという古例にちなみます。

<中略>

「嘉祥の祝」は、疫を逃れ、健康招福を願うめでたい行事として歴史の中で受け継がれ、明治時代まで盛んに行われていました。この『嘉祥の日』を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。

出典:全国和菓子協会より引用

ということで、昔からのおめでたい行事を今風にアレンジしたものが「和菓子の日」になります。

明治神宮では毎年16日に近い週末に昔に近い形での奉納をしたり、和菓子をもっと知ってほしいと職人が目の前でつくる和菓子が無料でプレゼントされたり、和菓子作りの体験などが行われています。

明治神宮のように「和菓子の日」を大きく取り上げたイベントはまだ全国では大々的には広まっていたないのが現状で、いわゆる「和菓子離れ」が浮き彫りになっているように感じます。

日本独特の自慢の文化「和菓子ーwagashiー」ですが、多種多様なお菓子が氾濫する中で守っていきたい一つですね。

ということで、伝統も大事ですがまずはもっと身近に和菓子を食べられることが大事!とコンビニスイーツでも最近は和菓子もとっても豊富です。

ついつい綺麗で派手な洋菓子に目が行きがちですが、小さな子どもたちも実はおだんごやおまんじゅうって大好き!

洋菓子やスナック菓子ばかり与えず、親である自分たちが季節を感じられる和菓子を子どもたちに伝えなくてはいけないなと改めて思いました。

さて前置きが長くなってしまいましたが「和菓子の日」をきっかけに生まれたという大阪の「笑わず餅」について見ていきましょう!

大阪の笑わず餅って何?発祥と意味は?

和菓子というと関西方面ではやはり京都が表立ってしまっているイメージがありますね。

大阪=和菓子

というイメージは、失礼ながらちょっと浮かびませんでした。

そんなイメージ払拭の意味もあってか、「和菓子の日」にちなんで何か盛り上がることができないかと大阪府の生菓子青年クラブで10年ほど前に考案されたのが「笑わず餅」の発祥となります。

大阪=笑い

のイメージはありますが、「笑わず」が意味するものはなんでしょうか?

「和菓子の日」が制定された「めでたいしるし」である「嘉祥」ですが、6月16日に疫病除けを祈願して行われる「嘉祥の儀式」では民間では16種類のお餅やお菓子を笑わずに食べる風習が伝わっていたそうです。

そこで大阪生菓子青年クラブが古来から厄除けや暑気(しょき)払いの効果がされている小豆をはじめとする「16種類の素材を取り込んいる」という条件の和菓子を「笑わず餅」と命名し、「大阪の和菓子の日に食べる名物」として売り出すこととなったそうです。

発祥元である大阪生菓子青年クラブでは6月15日に大阪市中央区にある難波神社で「笑わず餅」の献菓式が行われ、式後には笑わず持ちくばりが開催されます。

そして、6月16日の「和菓子の日」に食べるようになっています。

大阪の「笑わず餅」の種類や食べ方は?

小豆をはじめとする「16種類の素材を取り込んいる」という条件のもと、大阪にあるさまざまな菓子店で多種多様な「笑わず餅」が作られます。

そしてみんなで一斉に「笑わず餅」ののぼりを店頭に掲げて販売するという、お店の立場からも、そしてお客としての立場からもワクワクするような企画ですよね!

個人的にこういうの大好きでめっちゃさんかしたいし、めっちゃ応援したくなります!

ということで幾つかのお店の「笑わず餅」をご紹介いたします。
「廣井堂」笑わず餅

笑わず餅380円
他にもカップ入り260円(税込)、ご進物にもオススメです!
当店夏の定番笑わず餅。十勝産小豆漉し餡と大納言小豆餡の小豆を使用し、みずみずしくもちもちとした夏菓子。
日持ち・・1週間(要冷蔵)『和菓子の日 の 感謝祭』
6月16日 和菓子の日を含む
【6月12日(月曜)〜17日(土曜)】開催
☆『笑わず餅』が
半額の190円(税込)
☆『笑わず餅以外の商品 1080円(税込)以上 』お買い求めで、『笑わず餅1パック』プレゼント致します。
ご夫婦お二人でお店を守られているそうです!
オトクな和菓子の日感謝祭を利用して「笑わず餅」に初参加してみるのもいいかもしれませんね。
「神戸ハレルヤ」笑わず餅

ハトムギ、みかんの皮、チョウジの花、クコの実など16種類の古来から健康に良いといわれている自然素材を使った水菓子です。

葛餅(くずもち)と水羊羹(ようかん)の間のようなプルンとした食感でつめたくしていただくとさっぱり甘味控えめ美味しいです。

嘉祥の儀 の6月16日 笑わずに餅や菓子を食べると 疫病よけになると言われたのにちなんで創作された 大阪生菓子組合の商標登録の涼菓です。

価格 700円 (税込み)
こちらの神戸ハレルヤさんではお取り寄せが可能です!
ぜひ、大阪発祥の「笑わず餅」を全国に広めようではありませんか!!
と、2店舗だけご紹介しましたが、お店によって個性のある笑わず餅は参加店舗の数だけ違う味があります。
自分好みの笑わず餅に出会えるまで毎年毎年発掘するのも楽しそうですね!
ただ、種類は沢山な笑わず餅ですが「食べ方」は一緒です。
健康を願いながら「笑わずに食べること」
笑わずに食べて厄を落とした後は、大阪パワーももらっていっぱい笑って福を招き入れましょうね!
Sponsored Link

おわりに

6月16日は「和菓子の日」です。

この和菓子の日に大阪で食べられているという「笑わず餅」とは

  • 発祥は和菓子の日にちなんで大阪府生菓子青年クラブで考案された菓子(餅)の名前。
  • 16種類の素材を使った和菓子である条件のもと、店によって違う味、形である。
  • 6月16日に食べる。
  • 食べ方は「笑わずに」食べる。

ということでした。

大阪から始まり、徐々に浸透しているようですが全国ではまだまだといったところ。

ですが、注目はされているようでお取り寄せができたり、有名デパートでは取扱があるところもありますので日本の貴重な文化である和菓子業界活性化のためにも、大阪の元気パワーが生んだこの「笑わず餅」、みんなで食べてみませんか?

 

Sponsored Link