宮崎県の鵬翔高校のサッカー部の生徒と女性教員が何度も食事の席で飲酒や喫煙をしていたことを学校側も認めたというニュースが入ってきました。
非常勤講師だったという女性教師がなぜサッカー部と接触する機会があったのか?
サッカー部は野球と違って大会への辞退は必要ないのか?
女性教員に処分はないのか、野球と違う発言など世間の感想や反応とともに調べてみたいと思います。

Sponsored Link

鵬翔高のサッカー部の飲酒喫煙問題の内容は?

鵬翔高は宮崎県宮崎市にある中高一貫型の私立高校です。

鵬翔高等学校ホームページはこちら!

 

寮生活や学校行事の写真が沢山掲載されていたり、インスタなどもあるすごくりっぱなホームページが作られています。

そんなとても楽しそうな充実した学校生活を送っている写真をみて今回の飲酒喫煙問題を聞くと本当に残念でなりませんね。

身近でないとドラマの中の話という印象を持ちがちですが実際にもやはりこういう問題が起こってしまうこと、もったいないです( ;∀;)

 

今回のサッカー部員飲酒喫煙問題の詳細はこちら…

 

鵬翔高等学校のサッカー部の複数の部員が、飲酒店で飲酒や喫煙を女性教員同席のもとしていたという事実があることを学校が認めました

10月に情報提供を受けた県が学校に調査を依頼し、学校が部員に聞き取りをしたところ、複数の生徒が飲食店での飲酒と喫煙を認め、中には何度もタバコを吸っていることを認めた部員もいたそうです。

 

鵬翔高校のサッカー部は全国高校サッカー選手権の第91回大会、2013年1月(2012年度)の試合で優勝したことのあるサッカーの強豪チームとしても有名です。

※こちらの画像は夏大会のもので問題となっている部員というわけではありません!!

現在も選手権の県大会の真っ最中で準決勝まで勝ち上がっています。

が、この現在大会へ出場中のメンバーの中にも飲酒や喫煙をした部員がいるそうなのです。

 

こういった話を聞いたとき、真っ先に大会への出場停止、辞退

全員が飲酒喫煙していたならともかく、一生懸命頑張ってきた子たちは本当に無念すぎると思うのですが今回の学校の対応に驚きました。

飲酒や喫煙が確認された部員について、学校は特別指導(処分)をすると説明しているものの、県サッカー協会や県高校体育連盟には報告していない。

富山晃一教頭は「野球と違って申告義務がない」と話し、開催中の県大会にも引き続き出場させる方針。

 

と言われているそうです。

県サッカー協会や県高校体育連盟には報告していないってそんなの報道見れば伝わるでしょうに!!

報告しなければ何もアクション起こさないのか県サッカー協会や県高校体育連盟は!?!?と新たな問題の火種となるようなこと言われてますし、何よりここですよね。

野球と違って申告義務がない

これはかなりの問題発言となる気がします。

とても学校で指導する立場の人の発言とは思えませんね…

ちょうど11月3日には奇しくもオープンキャンパスがあるようなのでどうなることやら…と思ってしまいます。

 

今回の報道で、サッカー部員は全員疑いの目が向けられたり、メンバーの入れ替えなどで特定されたりすることが起きると思います。

大会に出場したい気持ちはあると思いますが、ここまで学校も事実を認めた状態で出場することが本当に生徒のためになるのか、ただ学校的に大会出場という実績や優勝という名誉が欲しいのか…

なんともいい難い学校の判断となっています。

 

今後県サッカー協会などがどう動くのかも注目されそうです。

 

教頭や学校側の判断に注目が集まりそうですが、やはり法律で決められている未成年の飲酒喫煙を集団でお互い容認しながら行っていたことはスポーツマンとして、人間として反省すべきだと思います。

栄光への架け橋のはずがガラガラと崩れていく挫折へと変わってしまうほどのことを、遊び半分、カッコつけ半分でしてしまったことを後悔、そして身に覚えのある子達の抑止になればいいですが…

 

そこに指導者である「オトナ」が同席していたというのがまた情けなく悔しい問題となっています。

Sponsored Link

飲酒喫煙に同席していた女性教員は誰?処分はある?

飲食店でサッカー部員らと同席して飲酒喫煙をしていた女性教員は非常勤講師だったそうで、現在は別の学校に勤務しているそうです。

この女性教員がいつから鵬翔高等学校に勤務していたのかはわかりませんでしたが昨年3月末までの勤務で、三年ほど前から複数回に渡って部員らと飲食店で食事をしていたそうです。

3年ほど前から、しかも鵬翔高校から変わった夏にも食事をしているということから随分鵬翔サッカー部と親しくしていたことがわかります。

非常勤講師の女性教員がサッカー部と接点を持ったのはなぜなのかというところも疑問が残りますね。

講師という立場で、生徒を複数人集め飲食に誘い(誘われ?)、喫煙飲酒を認めるなど言語道断だと思います。

講師の前でそんなことをする子も子ですが、親としてはなんとも言えない不信感を学校側に感じるところです。

 

この女性教員にもなんらかの処分があるのかもわかりませんが、どういう状況だったのか説明してほしいですね。

 

鵬翔高校のサッカー部飲酒喫煙問題についての反応は?

生徒の飲酒喫煙についてもですが、やはり学校側の対応や野球とは違う発言についての反応が多いようです。


これは本当に大きな波紋を広げることとなりそうですね。

当事者の生徒はともかく、被害者となる生徒が不憫でなりません。

これから鵬翔高等学校の受験を考えていた子どもたちや親にとっても考えらされる内容となりそうです。

 

そして、まだ若いから大丈夫とか気づかないのかもしれませんが、やはり喫煙はスポーツマンにとって(いやスポーツマンじゃなくてもね)特別推奨するほどいいものではありません。


まさに!!
自身を大切にして、青春を謳歌してほしいと思います。

Sponsored Link