2017年、”ぬれ髪女子”なるものが流行中です!

濡れ髪女子とはなんぞや?!どうやってセットするの?ということで簡単おしゃれな濡れ髪ヘアアレンジ動画や画像やおすすめのヘアケアアイテムをご紹介します!

そして男性ウケ女性ウケなど評判とともに「濡れ髪オトナ女子」スタイルのメリット・デメリットを考察したいと思います。

濡れ髪女子とは?大人っぽくて色っぽいと話題の人気の濡れ髪女子画像!

現在女性の間で人気という「濡れ髪」。その名の通り濡れたような質感のヘアスタイルのことです。

このヘアスタイルをした女性のことを「濡れ髪女子」ともいうそうで、過去のデータから見ても「◯◯女子」とつくものは間違いないですよねw

ということで実際に濡れ髪女子の画像を見ていきたいと思います。

出典:もやパンダのトリビア

出典:LIVRI [リブリ]

なるほど…たしかに濡れているような質感になっていますね。

濡れ髪、ウエットスタイリングは今までどちらかというと男性の方が主流だったようですが女子にも人気が出たようです。

雨に濡れてしまった後…シャワーの後…のような雫が滴りそうな濡髪がセクシーで大人っぽいというのが人気の秘密。

めざましTVでも特集されていますがこちらはモデルが悪いとそちらに注目が集まってしまっていてブーイングが…w

簡単おしゃれな濡れ髪ヘアセットとヘアアレンジ方法動画

ではこの濡れ髪ヘアのセットやアレンジはどうやってできるのでしょうか?

美容院など行かずとも、セルフで簡単にできるやり方の動画を見つけましたのでご紹介します。

まずこちらはヘアブラシヘアアイロン乳液タイプのスタイリング剤を使用して作る方法です。

やりすぎない、オフィスやきちんとしたデート時にもよさそうな清潔感ある感じの仕上がりですね。

これはかなりいい女風に見えます。

ので30代~40代くらいのかたでもチャレンジできるのではないかと思います。

 

つづいてこちらはハードゼリーオイルワックスを使用したスタイルです。

こちらは先程よりもウエット感がありますね。

10代~20代前半くらいの方はこのくらいの濡れ髪もかわいいかなと思いました。

共通して言えるのは髪の生え際や根本にはスタイリング剤を付けないよう、半分から下、毛先にかけてすこしずつスタイリング剤をなじませていくのがポイントのようです。

そして大きめに動きを付けていくと自然な感じになるようですね(*^^*)

特別に必要な道具などは特にないのでトライしてみてはいかがでしょうか?

 

濡れ髪におすすめのヘアケア・セットスタイリング剤

濡れ髪ヘアにおすすめとして上げられているスタイリング剤をご紹介します。

好評につき売切れです

こちらはキラッと輝くようなツヤ感を出せるのが魅力でウェット感を出しながらもベタつかないタイプのスタイリング剤なので、軽い質感を出すことができます。

インスタやTwitterでもこのピンクのボトルがよく紹介されています。

こちらは男性にも結構愛用されているようで、可愛いパッケージも人気です。

濡れ髪以外にもマルチに使いやすいと愛用者が多いです。

こちらはスタイリング剤ではなく洗い流さないタイプのトリートメントですが、これがいい感じの濡れ髪になると好評です。

毎日濡れ髪ヘアにしたいわけじゃないし、あまりスタイリング剤をつけてセットすることはないけど濡れ髪やってみたい!という方はこちらなら濡れ髪以外にも毎日のヘアケアのトリートメントとしてご使用できますね(*^^*)

 

 

そして最後にこちら!実は特別なスタイリング剤を使わずともベビーオイルで濡れ髪ができる!と。

ただやはりオイルなので付けすぎるとベタベタになってしまいますのでやはり少しずつ!がポイントですね。

ベビーオイルならお家にもあるかもしれませんし、クレンジングにも使えたり、お風呂に入れて保湿に使ったりもできますし、何より安いので取り入れやすいと思います。

濡れ髪女子の男性ウケ女性ウケの評判は?

では「濡れ髪女子」の反応を見ていきたいと思います。


「濡れ髪」でみていくと絶賛している男子がかなり多いですね。

ただ、ふっつーに雨に濡れてるとか、お風呂上がりとか、汗かいてる、とかリアルな濡髪に対していってるのかな…と言う印象でしたw

女性目線だともっとおしゃれな濡れ髪に関してのツイートがあるかと思いきや、実はこちらも「濡れ髪男子」への悶絶意見が多かったですw

ということで、ファッション的に、おしゃれな濡れ髪がどの程度浸透しているのかはちょっと判断が難しいところですが、おしゃれに敏感な方はしっかり取り入れられているようです。

濡れ髪女子のメリットとデメリットを考察!

濡れ髪女子は本当に大人っぽくて色っぽいだけなのか、メリットとデメリットを考えてみたいと思います。

<<メリット>>

  • いつもフワフワサラサラな髪が濡れているようにみえるとやはり大人っぽく見える
  • 色っぽく、艶っぽく見える。
  • 少し背伸びした服装にも合う。
  • パサパサに傷んだ髪でもまとまらせることができる。
  • 髪の乾燥そのものを防げる
  • モデルさんのような特別感あるセットに見える。
  • 美容院にいった後みたい。

などなど。

<<デメリット>>

  • 乾いてないよ…
  • ボサボサだよ…
  • どこで濡れたん…?
  • 風邪ひくよ…

と言われかねないところでしょうか。

どちらにせよ、やりすぎはNGというところだと思います。

モデルさんが撮影でかなり濡れたような髪でセットするのと、普段生活する上での濡れ具合はやはり違います。

適度に濡れたような質感、ツヤをだすことが濡れ髪ヘアの醍醐味だと思います。

適度であれば見た目にも髪的にもいいとこ取りできそうな濡れ髪ヘアースタイル、ぜひ取り入れてみてくださいね(*^^*)

ちなみに濡れ髪には「赤いリップ」が好相性です\(^o^)/

Sponsored Link