ゴールデンウィークに入り、バラの見頃の季節がやってきました!

毎年見事なバラが咲き乱れる鎌倉文学館のバラまつり

2017年の開催期間や時間料金についてと、文学館の展示イベントについてお届けいたします。

 

Sponsored Link

鎌倉バラまつりの開催期間はいつまで?時間と料金について

2017年の鎌倉文学館バラまつりの

開催期間は5月10日(水)~6月4日(日)まで。

※バラまつり開催期間の休館日はありません。

開催時間は午前9時から午後17時まで

※入館は午後16時半までとなっています。

料金は大人400円小中学生200円

※こちらは展覧会の料金となっており、入館すればバラまつりの鑑賞が可能ということです。

鎌倉文学館の電話番号は0467-23-3911となっています。

鎌倉バラまつりのバラの見頃と他に見れる花は?

鎌倉文学館のバラの見頃は5月中旬から6月下旬まで。

バラまつりの開催は6月4日までとなっていますが6月下旬ごろまでは楽しめそうです。

5月から6月下旬ころまでに鎌倉文学館で楽しめるバラ以外の花は紫のミヤコワスレ、白い泰山木フリージアヤマボウシなど。

暖かくなり、たくさんの花が咲く気持ちのよい季節、バラと一緒に園内を散歩するのにぴったりです。

鎌倉バラまつり開催期間の展覧会特別展示イベントは?

文学館の展覧会料を支払って入館できるバラまつりなのでぜひ展覧会の特別展も楽しみましょう。

バラまつり期間中の特別展示イベントは「生誕150年漱石からの手紙 漱石への手紙」と題した夏目漱石の展示が開催されています。

 

Sponsored Link

おわりに

鎌倉文学館の2017年のバラまつりの開催期間は5月10日(水)~6月4日(日)までで、

時間は午前9時から午後17時までとなっています。

料金は大人400円小中学生200円となっており、夏目漱石の特別展も一緒に見れますのでぜひ足を運んでみてください!

 

Sponsored Link