ポテチといえばカルビー!という方も多いと思いますが、カルビーからチップスターやプリングルスのような筒型の「ポテトチップスクリスプ」という商品が新発売されました。

貴族のような衣装を着てじゃがいもを被った相葉くんの謎のCMはインパクトありましたよね。

あの服は貴族探偵的なノリなのか、男爵いもイメージからの男爵衣装なのかわかりません。

なぜいまさら?というタイミングでの、この新商品ポテトチップスクリスプはチップスターとどう違うのでしょうか?

今回はカルビーポテトチップスクリスプコンソメパンチと山崎ビスケットチップスターコンソメカロリーなど違いについて調べてみたいと思います。

Sponsored Link

ポテトチップスクリスプコンソメパンチとチップスターコンソメの違いについて

カルビーのポテトチップスといえばあの不揃い感、軽さ、他のどのポテトチップスにもない美味しさで、不動の人気だと思います。

私も大大大好きです。BIGサイズだろうとあっという間に食べちゃいます。

そんなカルビーから形の揃った成型タイプのポテトチップスが新発売されました。

 

チップスターとかプリングルスのような筒に入ったタイプのやつですね。

このタイプも無性に食べたくなる時あります。

が、カルビーからこのタイプが出るってものすごく今更感があるというかなんで??いる??と思ってしまった人も多いのでは?

今更でた「クリスプ」の魅力を探るべく、ライバル参入となるチップスターと比較してみたいと思います。

まずは基本情報から。

今回調べたのはコンソメ味になります。

カルビーポテトチップスクリスプ(以降クリスプと省略)とチップスターの内容量はどちらも115グラムになります。

この微妙な内容量って今更ですがなんなんでしょうねw後出しのカルビーが120グラムとかにできなかったのには双方での約束などあるのかもしれません。

外の箱はほぼ同じですがの部分がクリスプはプラスチック、チップスターは紙製となっています。

箱の強度はクリスプの方が強いですが、チップスターは「つぶしやすいパッケージ」をアピールしています。

結構強度あるのでこどもの工作にもいいかも!あとDIY好きな方がステキリメイクでなんか作りそうとか思ってしまいました。

続いてカロリーなど栄養成分表示を比べてみます。

カロリーは100gあたりの計算で

クリスプは511kcal、チップスターは524kcalと、クリスプのほうがものすごーーく微妙に少ないです。

その他のタンパク質や脂質、炭水化物、食塩相当量もどちらも大差ないです。

うたい文句は

クリスプ→パリッと心地よい食感で、ポテトがおいしい クリスピーポテトチップスです。

チップスター→肉と野菜の旨味が詰まったコンソメ風味!パリッと軽い食感のチップスターに野菜の旨みと甘みが絶妙マッチ!

後出しのカルビーがマネてるように見えてしまいますが成型ポテトの良さはやっぱり口をケガしてしまうほどのw「パリッとする食感」なのでそこは譲れなかったようですね。

ちなみに普通のポテトチップスのうすしおといえばオレンジ色のパッケージが超ド定番となっていますが、面白いことに筒型になるとこのオレンジはコンソメに見えてしまうw

クリスプのコンソメパンチ薄い黄色の方なのでお間違えなく~!

 

ポテトチップスクリスプとチップスターの比較個人的感想

このタイミングで発売されたからにはカルビーさんにはいろいろと自信あってのことだろうと思い食べ比べてみました!

う~ん…成型ポテトの味ですね^^;

ですがチップスターは味も生地の中に練り込んでからあげているのに対し、クリスプはあとから味のパウダーをかけるタイプとなっています。

その為クリスプの方にはまだらな味のパウダーがかかっているのが見えますね。

さて、この比較してみた感想ですが、新作としてめちゃくちゃ美味しい!!という衝撃はありませんでしたが、チップスターのコンソメと比べると、袋のポテチの方のあの「コンソメパンチ」の味がします。

なのでコンソメパンチをこよなく愛する方にはチップスターよりクリスプのほうがいいかもしれませんね。

カルビーが成型ポテトを開発、発売した2つの理由

今回カルビーさんがこのクリスプを発売したのには主に2つの理由があるようです。

一つは他社から需要を奪うのではなく、動きのなかった成型ポテト業界にテコを入れたかったため

そして二つ目は現在北海道での天災によるじゃがいもの不作が問題となっていますが、生のじゃがいもから作るポテトチップスと別に乾燥じゃがいもから作れる成型ポテトでの売上確保があったそうです。

生のじゃがいもは輸入できないため日本での生産量が少なかった場合のダメージが大きいということですね。

個人的には2つが並んでいたらどちらかその時安い方を買うかな~という感じですが、比べてみようとどちらも買ってるわけでw

成型ポテトに目をむけるようテコ入れしたいというカルビーの戦略はひとまず成功しているのかもしれません。

現に、他社の売上が落ちたというよりも成型ポテト全体の需要が伸びているそうです。

ですがカルビーのまさかの大誤算?!見た目のせいで思わぬ損をしてしまっているというこちらの記事もご覧ください♪

 カルビーポテトチップスクリスプが袋すかすかで量が少ないとクレーム?

今後味の展開が増えていくのかも楽しみですね。

 

Sponsored Link

 

おわりに

カルビーから新発売されたポテトチップスクリスプ成型タイプのポテトチップスです。

チップスターのコンソメ味とクリスプのコンソメパンチを比べてみたところ、内容量は同じで成分などもほぼ変わりませんカロリーはクリスプのほうが若干少ないと言う感じでした。

違いとしては味の付け方が、チップスターは生地に練り込み、クリスプは後がけパウダーになっています。

正直あまり違いはわかりませんでしたが、クリスプのコンソメ味は「コンソメパンチ」に近い味がしましたので、コンソメパンチが大好きな人にとっては成型ポテトを選ぶ時には選択肢が増えたかもしれません。

今後のり塩とか期間限定フレーバーもでてくるのでしょうか?!

うす塩などの定番モノではなく、カルビーならではのご当地モノなど味の差別化に期待したいと思います。

Sponsored Link