ドラマ「明日の約束」がスタートしました。

1話を見て、仲間由紀恵さんや手塚理美さんが演じる狂気ある母親と、闇を抱えるこどもの立場の描き方がとても面白かった!

そこで、1話を見たあとに見てほしいと言うテレビ放送で描ききれなかった配信動画チェインストーリーを見てみました。

本編に比べて意味不明でつまらない…?!

1.5話の視聴方法やあらすじ、感想をお届けします。

 

Sponsored Link

「明日の約束」のチェィンストーリー#1.5話とは?視聴方法も!

前クールの「愛してたって秘密はある」の最終回後、続編が動画でのみ見られるという設定に賛否両論がありましたが、今は配信動画とテレビの差がよくわからないほど普及してきましたね。

そんな中今期のドラマ「明日の約束」では1話放送後に見て2話以降の謎へつながるというチェインストーリーが配信されています。

視聴方法は「GYAO!」で無料で誰でもみることができます。

 

このチェィンストーリーは#1.5話として、1話の最後自殺をした吉岡圭吾の最期の1日を追った話となっているとのこと。

1話を見た方なら気になりますよね。

ということで私もさっそく視聴してしまいました(*^^*)

 

「明日の約束」のチェィンストーリー#1.5話のあらすじは?

この#1.5話には遠藤健慎さん演じる藤岡圭吾だけが登場します。

 

本編でも感情のない笑顔を見せていた藤岡圭吾が本編同様の表情で今までの思い出の場所を巡っていきます。

思い出の場所に手を添えると過去の思い出や心無い人の声が鮮明に蘇る…

その中には母親の「けいちゃん!!」と言う声やクラスメイトやバスケ部員の声も。

蘇る思い出はどれもいい思い出ではありません。

いろいろな場所を同じように巡る度、画面に穴あきマスのあるセリフが表示されます。

中学校や神社を巡ったあと、本編でもあった夜になった高校の教室にたどり着きます。

誰もいない教室ですがやはり皆からの嫌がらせの声が頭に響き、叫び出す圭吾。

冷静さを取り戻して座っていたところに本編の井上真央が登場する…

と言う流れとなったようです。

その後自宅に戻った圭吾は母親色の強い部屋をスプレーで黒く塗りつぶし、ドアのノブに縄をかけて自殺します。

 

という藤岡圭吾の最期の1日を追ったストーリーとなっていました。

Sponsored Link

「明日の約束」のチェィンストーリー#1.5話の感想は?

正直これはなくても想像できる範囲だったという内容でした。

が、その中でも何度も出てくる「穴あきマスのあるセリフ」。

これです。

しかも会話口調になっていて、穴あきマスを埋める言葉を考えたり予想する時間もなく画面は代わり、

結局「ピー☓☓☓」ばっかりで内容入ってこない話!という印象でした。

私の読む力不足なのかもしれませんが、穴あきマスを埋められないままどんどん進んでいく展開にちょっとイラッとしてしまいましたー(-_-;)

これからどういう展開になるのかとても気になりますが、このチェィンストーリーが今後どう謎を解く鍵になるのかもあわせて本編に期待したいと思います。

 

圭吾役の遠藤健慎くんは超イケメン!という感じではないですがミュージシャン顔という感じでとても気になる存在感がありますね。

これからドーン!と出世するかもしれません(*^^*)

 

おわりに

「明日の約束」のチェインストーリーは自殺した藤岡圭吾の最期の1日を追った話になっていてセリフのないストーリーとなっています。

が、途中何度も穴あきの謎のセリフが表示されます。

このセリフが後の本編で出てくるのか、今後の展開にどう絡むのかまだわかりませんが、正直このチェインストーリーは見ても見なくても…と言う感じがしてしまいました。

が、本編はとても気になる展開となりそうなので本編を楽しみにしたいと思います。

Sponsored Link